ホールの部分貸しについてのお知らせ


熊本県立劇場では、令和3年4月1日より、「新しい生活様式」に対応した施設供与として、ホールの部分貸しを可能とする新たな施設利用区分を設けます。

ステージ練習、特設ステージ(演劇ホールの舞台上にステージと客席を設けた小劇場形式の舞台)、ホワイエ練習、無観客公演(有料配信)としての活用等、幅広い利用者のニーズに応えます。

施設利用区分

施設区分 施設使用料金(※)
コンサートホール ステージのみの使用 全部の使用の60%
ステージ、1階客席及びホワイエのみの使用 全部の使用の80%
ホワイエのみの使用 全部の使用の20%
演劇ホール ステージのみの使用 全部の使用の60%
ステージ、地階客席及びホワイエのみの使用 全部の使用の80%
ホワイエのみの使用 全部の使用の20%
※入場料区分、使用日区分ごとに設定された施設使用料が基準となります。

受付期間

使用日の属する6か月前の同月初日から14日前まで。

使用許可申請書の受け付け

  • 毎月1日(1月のみ4日)の午前9時から先着順で受け付けます。
  • 日程調整及び抽選は行いません。
  • 直接来館による申請が優先となります。
  • 午前12時(正午)より、先着順でメールまたはFAXにより電子申請を受け付けます。
  • 午前12時(正午)より、先着順でメールまたはFAXにより、所定の様式(仮申込書 ⇒pdfWord)での仮予約を受け付けます。
  • 仮予約期間は仮予約の翌日から起算して7日間とし、当該期間内に使用許可申請書を提出して下さい。仮予約期間を超過したものについては仮予約を取り消します。

貸出条件

  • 受付期間(使用日の属する6か月前の同月初日から14日前まで)以前の仮予約は適用外となります。
  • 申請済みのものについては、施設使用料の納入の有無を問わず全部の使用から部分貸し使用への変更はできません。
  • 全部の使用で申請済みのものに、部分貸し使用の追加はできません。部分貸し使用を新たに追加する場合は、別途申請が必要となります。
  • 部分貸し使用以外の施設については、カメラ撮影、指導者、保護者、待機場所、荷物置き等による使用はできません。
  • 空調及び照明については、部分貸し使用の当該箇所のみとなります。

使用日当日

ステージのみの使用
  1. 原則として舞台職員1名を配置します。
  2. 原則として舞台、音響、照明の仕込みは行いません。
  3. 原則として専属スタッフ(コンシェルジュスタッフ)は配置しません。
  4. 原則として業務打ち合わせは行いません。
  5. ステージへの出入りは、控室及び楽屋入口からとします。ホワイエ及び客席からの出入りはできません。
  6. 特設ステージ(演劇ホールの舞台上に、ステージと客席を設けた小劇場形式の舞台)、無観客公演(有料配信)等による場合、上記「1.」から「5.」については、熊本県立劇場及び利用者間における協議の上、適切な人員配置等を決定します。
ステージ、1階客席(地階客席)及びホワイエのみの使用
  1. 舞台職員の配置及び舞台、音響、照明の仕込みについては全部の使用の場合に準じます。
  2. 催事状況により専属スタッフ(コンシェルジュスタッフ)を配置します。
  3. 催事状況により業務打ち合わせを実施します。
ホワイエのみの使用
  1. 原則として舞台職員1名を配置します。
  2. 原則として舞台、音響、照明の仕込みは行いません。
  3. 原則として専属スタッフ(コンシェルジュスタッフ)は配置しません。
  4. 原則として業務打ち合わせは行いません。
  5. 原則としてマイクの使用については、持ち込みまたはポータブルアンプの貸し出しに限ります。
  6. ホワイエにおける公演等による場合、、上記「1.」から「5.」については、熊本県立劇場及び利用者間における協議の上、適切な人員配置等を決定します。

仮申込書

仮申込書(コンサートホール・演劇ホール)様式(pdf)

仮申込書(コンサートホール・演劇ホール)様式(Word)

お問い合わせ

公益財団法人 熊本県立劇場 施設サービスグループ
TEL:096-363-2233 FAX:096-371-5246