熊本県立劇場における新型コロナウイルス感染者の発生について

2021年5月27日
公益財団法人熊本県立劇場

5月26日、当劇場職場内にて勤務しているスタッフ1名が、新型コロナウイルスへのPCR検査の結果、陽性であることが確認されました。

感染したスタッフは自宅待機として、健康観察を行っています。
なお、感染したスタッフは窓口およびお客さま対応業務には従事していません。

経過(本人からの聞き取り)

5月24日(月) 休館日(出勤なし)
5月25日(火) 出勤、定時退社
5月26日(水) AM3:00発熱
医療機関にてPCR検査を実施
PM7:00陽性を確認

 

所管保健所に確認し、濃厚接触があった職員1名については2週間の在宅勤務としております。
現在、発熱や咳が続くなど体調がすぐれない県立劇場職員・スタッフはいません。

施設につきましては、日々実施している館内の消毒に加え、5月26日夜間から27日午前にかけて保健所の指導に従って消毒作業を完了しましたので、27日午後から通常通り開館致します。

今後も引き続き館内の定期的な消毒、換気システムのきめ細かな運用、マスクの着用、来館者の検温等、考えうる限りの対策を講じ、県民の皆さまに安心してご来館いただけるよう、劇場の運営に努めてまいります。

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人 熊本県立劇場
総務グループ
TEL:096-363-2234