文化事業

このイベントは終了しました。

第58回熊本県芸術文化祭参加事業

パーヴォ・ヤルヴィ指揮 ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団
ヴァイオリン独奏:樫本大進

A席は完売いたしました。

開催日 2016年12月1日(木)
開催時間 開場18 :15 開演19 :00
会場 熊本県立劇場コンサートホール 
入場料
(消費税込み)

【全席指定】
S席 10,000円
A席 8,000円(完売しました)
B席 6,000円
※高校生以下、障がいのある方3,000円引き
(障がい者割引は熊本県立劇場のみ、学生割引は熊本県立劇場、
 チケットぴあのみの取り扱い)
※就学未満のお子様のご入場はご遠慮ください(託児サービスあり)

内容

今もっとも勢いのある指揮者、パーヴォ・ヤルヴィが、自身が芸術監督を務めるドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団とともに県劇にやってきます。
しかもソリストにベルリン・フィル第1コンサートマスターの樫本大進を迎えるという、たいへん豪華な顔ぶれです。
プログラムはベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲とブラームスの交響曲第1番。
耳に馴染んだこれらの名曲が、生気と説得力に満ちた新しい姿で提示されます。お聴き逃しなく!

 平成28年度文化庁劇場・ 音楽堂等活性化事業

出演

指揮:パーヴォ・ヤルヴィ
ヴァイオリン独奏:樫本 大進
管弦楽:ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団

プログラム

シューマン/ゲノヴェーヴァ序曲
ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調
ブラームス/交響曲第1番 ハ短調

チケット取り扱い
熊本県立劇場 096-363-2233
8月13日9:00~(窓口)、13:00~(電話)
熊日プレイガイド 096-327-2278
オフィス・ムジカ 096-355-7315
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:305-436)
ローソンチケット 0570-084-008(Lコード:84598)
その他
主催
(公財)熊本県立劇場
後援
熊本日日新聞社、NHK熊本放送局、FMK、KAB、FM791
託児のご案内

生後6カ月から小学校低学年までのお子様をお預かりする託児サービスを実施します。
【申し込み締め切り】11月29日(火)17:00まで
先着10人/お子さまお一人につき1,000円(税込み)

【お申し込み・お問い合わせ】
熊本県立劇場 096-363-2233

託児の詳細はこちら

付帯情報 託児サービスを行います 入場料が障がい者割引になります チケット、整理券を県立劇場でも取り扱ってます

指揮者 パーヴォ・ヤルヴィに聞く

パーヴォ・ヤルヴィ
  © Jean Christophe Uhl

これまでに多くのオーケストラを指揮してきたパーヴォ・ヤルヴィ。
ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団との関係は、2004年に芸術監督に就いてから数えても既に12年が経過した。

パーヴォの公演には常に明確なコンセプトがあるが、中でもドイツ・カンマーフィルとの共演する際にはその傾向が強い。

これまで全世界で展開してきたベートーヴェン、シューマン、ブラームスのツィクルス(全曲演奏)は、その濃い内容と演奏に高い評価が寄せられているが、今回の来日ツアーは、この三人の作曲家の作品をまとめて取り上げる“集大成”とも言えるプログラムになった。

 

これまでの集大成といえるプログラム

「このオーケストラと初めて演奏してからはもう20年が経ち、一緒に育ってきた家族ともいえる関係になりました。ベートーヴェン、シューマン、そしてブラームスは、彼らとの共演の中でほとんどの時間を費やしてきた作曲家です。今回のツアーは、この三人の作曲家を演奏してきて築き上げたものをはじめ、彼らと世界を周り、生活を共にしてきたことも含めて、私たちの共演の集大成とも言えるものです。しかし、まだ終わりではありません。今はブラームスに集中的に取り組んでいますし、今後も様々な計画があります。」

 

これまでに集中的に取り組んできた三人の作曲家の作品をまとめて演奏することは、これまで行ってきた、それぞれの作曲家のツィクルス演奏会とは違う感覚になるのだろうか。

「通常のコンサートでは最低でも二人、多くて四人程の作曲家を取り上げますよね。ただドイツ・カンマーフィルとは、いままで特定の作曲家をとりあげる演奏会がメインでしたから、こうして三人を一緒にとりあげることは新鮮であり、とても嬉しいことでもあります。また、これらの作品は、明確ではないかもしれませんがつながりが強いです。共通点を見つけながら三人の作曲家の作品を皆さんにご紹介していけたらと思っています。」

 

今回の来日ツアーでは、交響曲だけでなく、ブラームスでは「ハイドンの主題による変奏曲」、またベートーヴェンでは樫本大進をソリストに迎え、「ヴァイオリン協奏曲」といった作品も演奏される。

「選曲はシンプルな理由、内容の濃い作品を皆さんに聞いて頂きたいと思ったからです。また、大進と共演できることも幸せです。彼が素晴らしい音楽家だということは皆さんもよくご存知でしょう。さまざまなことを熟知し、作品像を凄く自然に捉えていきます。そして、ブラームスの『ハイドンの主題による変奏曲』は非常に大変な曲ですが、同時に素晴らしくチャーミングな作品です。」

 

探求して創り出す“私たちの”演奏法

現在はブラームスを中心に取り組み、昨年末にはついに交響曲第2番や2曲の序曲の初録音を行ったパーヴォ。レコーディングによってブラームスに対するアプローチに変化はあったのだろうか。

「ドイツ・カンマーフィルと録音をする時には特に、事前にできるだけたくさん演奏をし、作曲家と作品を“探求する”ということを大切にしてきました。例えばブラームスなら、ツィクルスの演奏を世界中で最低でも10回はしました。作曲家を深く探求するということは、発見や解釈の変化が沢山出てきますし、その作曲家に深く浸れるということになります。また、私はオーケストラに何かを一方的に伝えるのではなく、“一緒に”私たちの演奏法を見つけていくことを大切にしているのです。」

 

パーヴォはドイツ・カンマーフィルとの共演にあたっては、特にディスカッションを大切にしているという。

「指揮者と演奏者が同じような考えをもって演奏できることが必要です。私の意図を納得した上で彼らに演奏してもらえなければ、いい演奏にはなりません。そのためにリハーサルは綿密に行い、彼らからの意見も積極的に取り入れています。オーケストラのメンバーそれぞれが、自分の声が聴き届けられていると自覚し、またひとりのアーティストであるという意識があるというのも大きいですね。それは演奏のモチベーションに大きく影響してきます。」

 

ドイツ・カンマーフィルの魅力はバロック音楽への精通から生まれている

膨大なレパートリーを持ち、共演するオーケストラによってプログラムを変えているパーヴォ・ヤルヴィ。ドイツ・カンマーフィルとはドイツ音楽の“王道”といえる作品を選曲し続けてきた。

「やはり彼らがドイツの音楽をレパートリーの中心とし、それにふさわしい音色をもつオーケストラだからです。初めて彼らを指揮したとき、いつか自分がベートーヴェンを録音することになったら、このオーケストラと一緒にしたいと強く思いました。このオーケストラの素晴らしいことは、ベートーヴェンをレパートリーの核とし、さらにバロック時代の音楽にも精通し、演奏法についても熟知していることが挙げられます。これは大きな利点です。」

 

バロック音楽に精通し、熟知していることはこれまで取り上げてきた三人の作曲家の作品を演奏するにあたってどのような利点があるのだろうか。

「この三人はバロック音楽に造詣が深く、自身の作品にそれを活かした作曲家なので、オーケストラが古楽を経験していることは、例えば、ブラームスのオーケストラ作品にはコラールがよく出てきますが、古楽の響きを実感として知っているのと知らないとでは響きがまったく変わってきてしまいます。」

 

ドイツ音楽に対する幅広い知識と演奏法に熟知しているドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団。それではサウンドそのものの魅力はどこにあるのだろう。

「彼らの最大の魅力は、作曲家によって音が変わることです。ベートーヴェン場合だと男性的でまっすぐなインパクトのある音、シューマンやブラームスではもっと抒情的に…という具合です。ビブラートのかけ方も作品や作曲家によって変化をつけているんですよ。」

 

最後に日本の聴衆にメッセージをもらった。

「今回、私たちは自分たちにとって最も重要なレパートリーを皆様の前で演奏します。これは一つの集大成なので、ぜひ私たちの進化を感じて頂きたいです。なぜなら日本の皆さんは、このプロジェクトにとって重要な存在だからです。ベートーヴェンのツィクルス演奏会は横浜ではじまりましたし、シューマン、ブラームスも日本の多くの場所で演奏してきました。プロジェクトの大切な一員だと言えるでしょう。今回は樫本大進との共演もあり、よりダイナミックな音楽をお届けできることと思います。私たちの愛する三人の作曲家の素晴らしい作品を、堪能していただきたいです。」

 

取材・文:長井進之介(ピアニスト・音楽ライター)

プロフィール

パーヴォ・ヤルヴィ(指揮者)
Paavo Järvi, Conductor

パーヴォ・ヤルヴィ(指揮者)Paavo Järvi, Conductor
  © Julia-Bayer

2015年10月NHK交響楽団首席指揮者に就任。同年12月のベートーヴェン交響曲第9番演奏会で指揮をしたほか、今後、R.シュトラウスに焦点を当てた活動を予定。また15/16シーズンは、パリ管弦楽団音楽監督としての最後のシーズンでもあり、ウィーン、ベルリン、ミュンヘン等を訪れた。2004年よりドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団の芸術監督を務める。2015年にサンクトペテルブルクで、ブラームスの交響曲チクルスを行い、その後ウィーン・コンツェルトハウスでの同チクルス演奏会ほか、アムステルダム、パリ、ベルリン等でもブラームス、ベートーヴェンを中心とした演奏会を行っている。
今後の活動として、ニールセン交響曲チクルスをフィルハーモニア管と行うほか、ウィーン響、ミュンヘン・フィル、ドレスデン国立歌劇場管、ベルリン・フィル、ベルリン国立歌劇場管との再共演を予定。2016年5月「プラハの春」音楽祭のオープニングでチェコ・フィルを指揮し、桂冠指揮者を務めるフランクフルト放送響と、桂冠音楽監督を務めるシンシナティ響でも再び指揮台に立つ。

 
 

樫本大進(ヴァイオリン)
Daishin Kashimoto, Violin

樫本大進(ヴァイオリン)Daishin Kashimoto, Violin
  © Daisuke Akita

1979年ロンドン生まれ。1996年のフリッツ・クライスラー、ロン=ティボーの両国際音楽コンクールでの1位など、5つの権威ある国際コンクールで優勝し、マゼール、小澤、ヤンソンスなど著名指揮者のもと数々のオーケストラと共演。室内楽でも、クレーメル、堤剛、パユなどと共演を重ね、2007年に兵庫県で音楽監督として創設した「ル・ポン国際音楽祭~赤穂・姫路~」は、2016年秋に第10回目を迎える。2010年よりベルリン・フィル第1コンサートマスターを務め、同団とは音楽監督ラトルらの指揮のもと、ソリストとしても度々共演。2014年には、ワーナー・クラシックスよりベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全曲収録CDを世界リリースし高い評価を得ている。
使用楽器は1674年製アンドレア・グヮルネリ。

 
 

ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団
The Deutsche Kammerphilharmonie Bremen

ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団
  © Deutsche Welle

そのユニークな音楽創りで聴衆を魅了する世界屈指の室内オーケストラ。2004年より、指揮者パーヴォ・ヤルヴィが芸術監督を務める。同団とヤルヴィの数ある取組みの中でも、特に注目すべき活動として、ベートーヴェン・プロジェクトが挙げられる。その独自の解釈による演奏は世界的に高評を得ており、ボンでのベートーヴェン全交響曲チクルスをはじめ、パリ、東京、ザルツブルク音楽祭でも、その演奏で聴衆を魅了した。さらに、シューマンの交響曲作品に焦点を当てたプロジェクトでも同様の成功を収めており、東京とサンクトペテルブルクでのセンセーショナルな成功の後、ウィーン・コンツェルトハウスで行われたシューマン交響曲チクルスは、大好評を博した。最新の取組みとして、ブラームスのプロジェクトが進行している。
同団は長年にわたり、世界的に著名な指揮者やソリストたちと緊密な関係を築いてきた。その主な者としては、テツラフ、ピレシュ、ムローヴァ、グリモー、ヤンセン、ハーン、シフ、ノリントンなどが挙げられる。

 
 

付帯情報について

上記「付帯情報」にマークが入っている場合、お読み下さい

満車マーク
このマークがついている場合は、有料駐車場の満車が予想されますので、できるだけ公共交通機関でお越しください。
また、このマークがついている日以外でも、有料駐車場が満車となる場合がございます。これらの場合、劇場利用のお客様以外の駐車はお断りすることがございます。ご了承ください。
託児マーク
このマークがついている催事は、託児サービスを行います。
託児方法及び料金などについては、事前に主催者にお問い合わせください。
臨時バスマーク
このマークがついている日は、公演終了後に臨時バス(有料、夜間のみ運行)が出ます。

県立劇場→NTT病院→通町筋→交通センター→熊本駅 行き

さくらカードをご利用いただけます。
入場料 障がい者割引マーク
このマークがついている催事は、入場料が障がい者割引になります。
詳しくは、県立劇場にお問い合わせください。
チケット取り扱いマーク
このマークがついている催事は、チケット、整理券を県立劇場でも取り扱っております。
U25割引マーク
このマークがついている催事は、公演日に満26歳に満たないお客様の入場料が割引になります。
[最終更新日:2017年5月1日]