文化事業

ワハハ本舗プロデュース・実験コメディー劇場

名もなく貧しくもなく美しくもなく

~最強じゃない2人~

チケット発売中!

開催日 2018年1月27日(土)
開催時間 開場13 :30 開演14 :00
会場

熊本県立劇場演劇ホール
特設ステージ (小劇場形式舞台) 定員150人

入場料
(消費税込み)

【全席自由】
2,000円
※25歳以下の方、障がいのある方は半額
※障がい者割引は熊本県立劇場のみの取り扱い
※未就学児のご入場はご遠慮ください。

[託児有り/有料・要事前申込] 


U25割とは、公演日に満26歳に満たないお客様に入場料金の割引を行う制度です。
内容

作・演出:喰 始
 

ろう者の女優・大橋ひろえと聴者の女優・大窪みこえによる2人芝居は、手話と口話で会話を繰り広げるのだが、普通の芝居とちょっと違う。お客さんにもハンデをもってもらう・・・つまり、聴者のお客さんもろう者のお客さんも、役者がどんなことを言っているのかを推理しながら観劇し、役者と一緒の空気を感じながら舞台が展開していくのだ。そして全員がハンデを乗りこえた時、最後に大きな感動が襲ってくる。「演じる側も観る側もハンデをもつ舞台」に乞うご期待!
 

《あらすじ》
シェアハウスの同居人を募集する麗子のもとに、聴覚障がいを持つ友子が応募をしてくる。麗子は、以前にたしなみ程度の手話を学んだが、現実にろう者との会話は初めて。ぎこちなくではあるが友子とのコミュニケーションに努めていく。そんななか2人は、聴者とろう者との違いを目の当たりにし、お互いに知らなかった世界を知っていく。世間で敏感な騒音問題、日本映画にはなぜ字幕がないのか、雷は恐いものか美しいものか、音が聞こえるが故に不自由なこと、聞こえないが故に気づくこと、それらはお互いが歩み寄らなければ知り得なかったことだった。ところがある日、2人の仲はある事件をきっかけに急展開していく・・・笑いをふんだんにちりばめた、女性の友情と自己の生い立ちに葛藤する、ヒューマン・コメディ。
 

 平成29年度文化庁劇場・ 音楽堂等活性化事業

 beyond2020プログラム

出演

大橋ひろえ 大窪みこえ

チケット取り扱い
熊本県立劇場 096-363-2233
熊日プレイガイド 096-327-2278
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:481-810)
ローソンチケット 0570-084-008(Lコード:81719)
その他
主催
(公財)熊本県立劇場
後援
熊本県教育委員会、熊本日日新聞社、TKUテレビ熊本
助成
平成29年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
制作
WAHAHA本舗
託児のご案内

生後6カ月から小学校低学年までのお子様をお預かりする託児サービスを実施します。なお、託児サービス料の一部としてお子様お一人につき1,000円(税込み)をご負担いただきます。

託児の詳細はこちら
 

【申込み締切】
1月25日(木)17:00(先着10名様まで)
【お申し込み・お問い合わせ】
熊本県立劇場 096-363-2233

ぴっころシートについて

ぴっころシート対象公演です。   ⇒ ぴっころシートについて

 

【協賛企業】

付帯情報 託児サービスを行います 入場料が障がい者割引になります チケット、整理券を県立劇場でも取り扱ってます U25、公演日に満26歳に満たないお客様の入場料が割引になります

バリアフリーサービス

1)台本貸し出し(要事前申込・無料)  

本公演は、手話と音声による上演です。申し訳ございませんが、「字幕サービス」は行っておりません。文字情報が必要な方のために、観劇当日に台本の貸し出しをいたします。ご希望の方は事前にお申し込みください。お貸しした台本は、終演後、スタッフにお返しください。(協力:WAHAHA本舗

2)車椅子をご利用の方、盲導犬をお連れの方など、ご来場に関して何らかの心配がある方は事前にご相談ください。

【お申し込み・お問い合わせ】
  熊本県立劇場 096-363-2233

プロフィール

喰 始(たべ はじめ)

喰 始

 

1947年12月25日、香川県で生まれる。
ワハハ本舗の主宰であり、代表取締役・演出家・放送作家。
20代から放送作家として活躍し、「ゲバゲバ90分」、「カリキュラマシーン」、「たけしの元気が出るテレビ」、「欽ちゃんの仮装大賞」など、沢山の伝説的なバラエティ番組を生み出す。
ライブ演出としても、井上陽水、モップス、RCサクセションなど多数のアーチィストを演出した。
1984年に私財を投じてワハハ本舗を結成。ワハハ本舗全作品の作・演出を手掛ける。
自宅に漫画&DVD喫茶ができると豪語するほどの映画&漫画オタク。

 

 

大橋ひろえ(おおはし ひろえ)

大橋ひろえ

 

1971年佐賀県生まれ。生まれつき耳が聞こえない。
栃木県宇都宮市私立作新学院を卒業した後、手話演劇やDANCE、自主映画製作を始める。1997年に制作したビデオ作品「姉妹」で「SIGHT・サイト映像展」で入選。
1999年、俳優座劇場プロデュースの「小さき神のつくりし子ら」で主役・サラに一般公募で撰ばれ、好評を博す。この舞台で第七回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞。その後、渡米して演劇やDANCEの勉強をする。
2004年出窓社「もう声なんかいらないと思った」を発行し、大好評。
2005年サインアートプロジェクトジアンの代表になる。
日本初企画サインミュージカル「Call Me Hero!」公演を旗揚げする。

 

 

大窪みこえ(おおくぼ みこえ)

大窪みこえ

 

1969年埼玉県に生まれる。
劇団青年座の実習科を卒業後、劇団クロニクル・劇団フロントホットに在籍。
女漫才コンビ「番茶も出花」で、様々なラジオ番組・ライブに出演。
2006年1月ワハハ本舗所属。
ワハハ本舗の公演、タクフェス(作・演出:宅間孝行)、
音楽劇団紫人会など、舞台女優として幅広く活動している。

 

 
チケットを購入する

付帯情報について

上記「付帯情報」にマークが入っている場合、お読み下さい

満車マーク
このマークがついている場合は、有料駐車場の満車が予想されますので、できるだけ公共交通機関でお越しください。
また、このマークがついている日以外でも、有料駐車場が満車となる場合がございます。これらの場合、劇場利用のお客様以外の駐車はお断りすることがございます。ご了承ください。
託児マーク
このマークがついている催事は、託児サービスを行います。
託児方法及び料金などについては、事前に主催者にお問い合わせください。
臨時バスマーク
このマークがついている日は、公演終了後に臨時バス(有料、夜間のみ運行)が出ます。

県立劇場→NTT病院→通町筋→交通センター→熊本駅 行き

さくらカードをご利用いただけます。
入場料 障がい者割引マーク
このマークがついている催事は、入場料が障がい者割引になります。
詳しくは、県立劇場にお問い合わせください。
チケット取り扱いマーク
このマークがついている催事は、チケット、整理券を県立劇場でも取り扱っております。
U25割引マーク
このマークがついている催事は、公演日に満26歳に満たないお客様の入場料が割引になります。
[最終更新日:2017年10月13日]