文化事業

竹取

チケット発売中!
S席は完売しました。

野村萬斎×小野寺修二 コメント動画
※再生ボタンを押すと音が出ますのでご注意ください。

 

 

開催日 2018年11月2日(金)
開催時間 開場18 :30 開演19 :00
会場 熊本県立劇場演劇ホール 
入場料
(消費税込み)

【全席指定】
S席 4,000円(完売しました)
A席 3,000円
※25歳以下の方、障がいのある方は半額
[託児有り/有料・要事前申込]


U25割とは、公演日に満26歳に満たないお客様に入場料金の割引を行う制度です。
内容

日本最古の物語文学「かぐや姫」をフィジカルシアターの旗手・小野寺修二が大胆演出。

出演

構成・演出:小野寺修二
脚本:平田俊子
音楽:阿部海太郎
企画・監修:野村萬斎
出演:小林聡美貫地谷しほり
   小田直哉崎山莉奈藤田桃子古川玄一郎佐野登

チケット取り扱い
熊本県立劇場 096-363-2233
熊日プレイガイド 096-327-2278
チケットぴあ 0570-02-9999
ローソンチケット 0570-084-008
その他
主催
(公財)熊本県立劇場
助成
(一社)全国モーターボート競走施行者協議会
(一財)地域創造
文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
お問い合わせ

熊本県立劇場 096-363-2233

付帯情報 託児サービスを行います 入場料が障がい者割引になります チケット、整理券を県立劇場でも取り扱ってます U25、公演日に満26歳に満たないお客様の入場料が割引になります

プロフィール

構成・演出

小野寺修二 おのでらしゅうじ

小野寺修二
撮影:石川純

 

日本マイム研究所にてマイムを学ぶ。1995年~2006年、パフォーマンスシアター水と油にて活動。06年、文化庁新進芸術家海外留学制度研修員として渡仏。帰国後、カンパニーデラシネラを設立。マイムの動きをベースとした独自の演出は、親しみやすさとアーティスティックなムーブメントを併せ持ち、幅広い世代から注目されるとともに、ミュージシャンやデザイナーなど異なるジャンルのアーティストからも熱く支持されている。第18回読売演劇大賞最優秀スタッフ賞受賞。主な演出作品に、『異邦人』(13年/世田谷パブリックシアター)、『カラマーゾフの兄弟』(12年/新国立劇場)、『変身』(14年/静岡県舞台芸術センター)、『あの大鴉、さえも』、『ロミオとジュリエット』(以上、16年/東京芸術劇場)など。「瀬戸内国際芸術祭2013」では、野外劇『人魚姫』を発表するなど、活動の場は劇場内にとどまらない。また、ケラリーノ・サンドロヴィッチ演出『キネマと恋人』、白井晃演出『ペール・ギュント』など、舞台作品の振付やステージングも手掛ける。2015年度文化庁文化交流使。

 

 

 

脚本

平田俊子 ひらたとしこ

島根県生まれ。詩人・劇作家・小説家。主な詩集に『ラッキョウの恩返し』、『ターミナル』(98年「晩翠賞」)、『詩七日』(04年「萩原朔太郎賞」)、『戯れ言の自由』(16年、第26回「紫式部文学賞」)。2005年に、小説『二人乗り』で「野間文芸新人賞」を受賞。その他の著作に、戯曲集『開運ラジオ』、エッセイ集「スバらしきバス」、小説『ピアノ・サンド』、『私の赤くて柔らかな部分』、『スロープ』など多数。

 

 

音楽

阿部海太郎 あべうみたろう

幼少よりピアノ、ヴァイオリン、太鼓などの楽器に親しみ、独学で作曲を行学ぶ。東京藝術大学と同大学院、パリ第八大学第三課程にて音楽学を専攻。自由な楽器編成と親しみやすい旋律、フィールドレコーディングを取り入れた独特で知的な音楽世界に、多方面より評価が集まる。2008年より蜷川幸雄演出作品の劇音楽を度々担当したほか、舞台、テレビ番組、映画、他ジャンルのクリエイターとの作品制作など幅広い分野で作曲活動を行う。現在放送中のNHK『日曜美術館』のテーマ曲を担当。

 

 

企画・監修

野村萬斎 のむらまんさい

野村萬斎
撮影:江森康之

 

狂言師(重要無形文化財総合指定者)。国内外での能・狂言公演に参加する一方、現代劇、映画などに出演する。「古典芸能と現代演劇の融合」を作品創造の一つの柱とし、大胆かつ繊細に現代を映し出す新作舞台を提案している。

 

 

出演

小林聡美 こばやしさとみ

小林聡美

 

東京都出身。1982年に映画『転校生』で初主演。主な出演作に、TV『やっぱり猫が好き』、『すいか』、『2クール』、『コートダジュールN゜10』、映画『かもめ食堂』、『めがね』、『プール』、『紙の月』、『海よりもまだ深く』など多数。著書も多く『ワタシは最高にツイている』、『読まされ図書室』、『ていだん』などエッセイストとしても活躍。主な舞台出演に、『オイル』(野田秀樹演出)、『ハーパー・リーガン』(長塚圭史演出)、『24番地の桜の園』(串田和美演出)など。小野寺修二演出作品へは『あの大鴉、さえも』に続いて2作目。

 

 

貫地谷しほり かんじやしほり

貫地谷しほり

 

東京都出身。2004年の映画『スウィングガールズ』で注目を集め、07年NHK連続テレビ小説『ちりとてちん』で初主演。08年第32回エランドール賞新人賞受賞。13年映画『くちづけ』で第56回ブルーリボン賞主演女優賞受賞。主な作品に、映画『白ゆき姫殺人事件』、『バンクーバーの朝日』、『悼む人』、『望郷』、ドラマ『女くどき飯』、『おみやさんSP』、『おんな城主 直虎』、『リピート~運命を変える10か月~』、『ミス・シャーロック』、ナレーション『プロフェッショナル 仕事の流儀』、『アーシストcafé 緑のコトノハ』、舞台『ガラスの仮面』(G2演出)、『もとの黙阿弥』(栗山民也演出)、『ハムレット』(ジョン・ケアード演出)など。

 

 

小田直哉 おだなおや

兵庫県出身。2008年より麿赤兒が主宰する舞踏カンパニー大駱駝艦に入艦。以後、大駱駝艦の全作品に出演。主な外部出演作品に、『金閣寺』(宮本亜門演出)、『鑑賞者』(小野寺修二演出)、『神なき国の騎士』(野村萬斎演出)、『ペンギンカフェ』(山田せつ子監修・振付)、小松原庸子スペイン舞踊団『大地と炎』など。他、NHK Eテレ『バリバラ特集ドラマ〜悪夢〜』、NHK『京都異界中継』、映画『過激派オペラ』、テクノミュージシャン ジェフ・ミルズのPV出演など、ジャンルを超えて活躍する。

 

 

崎山莉奈 さきやまりな

石川県出身。幼少よりモダンダンスを始める。高校時代にヒップホップ、大学でコンテンポラリーダンスを学び、卒業後は和栗由紀男に舞踏を師事。2014年よりカンパニーデラシネラに参加し、『分身』、『椿姫』、『もう一つの話』、『ロミオとジュリエット』などの国内外公演に出演。 その他の出演作品に、『大逆走』(赤堀雅秋演出)、『キネマと恋人』(ケラリーノ・サンドロヴィッチ演出)など。『あの大鴉、さえも』では振付を担当するなど、小野寺作品のスタッフとしても活躍。

 

 

藤田桃子 ふじたももこ

日本マイム研究所にてマイムを学ぶ。1995年、小野寺修二らとともにパフォーマンスシアター「水と油」を結成。マイムをベースにした舞台は、国内外で評価されツアーも多数行う。「水と油」活動休止後は、小野寺が代表を務める「カンパニーデラシネラ」にて出演者、スタッフとして活動。近年の出演作に『あの大鴉、さえも』、『ドン・キホーテ』、『ふしぎの国のアリス』(以上小野寺修二演出)の他、イデビアン・クルー『ハウリング』(井手茂太振付・演出)など。

 

 

古川玄一郎 ふるかわげんいちろう

洗足学園音楽大学を首席にて卒業。同大学大学院修士課程修了。20世紀以降の音楽を軸に日本現代音楽協会主催「現代の音楽展」等で国内外の作品の初演に参加する他、ダンス、映像、写真、演劇との協働など独自の演奏活動を展開。劇団四季『異国の丘』(浅利慶太演出)、ミュージカル『テイクフライト』(宮本亜門演出)、舞台『から騒ぎ』(蜷川幸雄演出)他の打楽器を担当。現代音楽演奏コンクール「競楽Ⅻ」第3位。洗足学園音楽大学講師。

 

 

佐野登 さののぼる

東京都出身。能楽師(宝生流シテ方)。東京藝術大学邦楽科卒業。宝生流十八代宗家宝生英雄に師事。重要無形文化財総合指定(能楽)保持者。全国各地での演能活動や謡曲・仕舞の指導を中心に、日本の伝統・文化理解教育の一環として、体験型プログラムや授業を実施。海外公演への参加、中島みゆき『夜会』出演をはじめ、他ジャンルのアーティストとの交流も積極的に行っている。

 

 
チケットを購入する

付帯情報について

上記「付帯情報」にマークが入っている場合、お読み下さい

満車マーク
このマークがついている場合は、有料駐車場の満車が予想されますので、できるだけ公共交通機関でお越しください。
また、このマークがついている日以外でも、有料駐車場が満車となる場合がございます。これらの場合、劇場利用のお客様以外の駐車はお断りすることがございます。ご了承ください。
託児マーク
このマークがついている催事は、託児サービスを行います。
託児方法及び料金などについては、事前に主催者にお問い合わせください。
臨時バスマーク
このマークがついている日は、公演終了後に臨時バス(有料、夜間のみ運行)が出ます。

県立劇場→NTT病院→通町筋→交通センター→熊本駅 行き

さくらカードをご利用いただけます。
入場料 障がい者割引マーク
このマークがついている催事は、入場料が障がい者割引になります。
詳しくは、県立劇場にお問い合わせください。
チケット取り扱いマーク
このマークがついている催事は、チケット、整理券を県立劇場でも取り扱っております。
U25割引マーク
このマークがついている催事は、公演日に満26歳に満たないお客様の入場料が割引になります。
[最終更新日:2018年9月12日]