文化事業

チェコ・フィルハーモニー管弦楽団

チケット発売中!

開催日 2019年10月29日(火)
開催時間 開場18 :15 開演19 :00
会場 熊本県立劇場コンサートホール 
入場料
(消費税込み)

【全席指定】
SS席 12,000円
S席 10,000円
A席 8,000円
B席 6,000円
※25歳以下の方、障がいのある方は3,000円引き
※未就学児のご入場はご遠慮ください(託児サービスあり)


U25割とは、公演日に満26歳に満たないお客様に入場料金の割引を行う制度です。
内容

歴史ある名門オーケストラ、チェコ・フィルが熊本へ!

指揮:セミヨン・ビシュコフ
管弦楽:チェコ・フィルハーモニー管弦楽団

 

 beyond2020プログラム

プログラム

スメタナ/連作交響詩「わが祖国」
第1曲:ヴィシェフラト(高い城)
第2曲:ヴルタヴァ(モルダウ)
第3曲:シャールカ
第4曲:ボヘミアの森と草原より
第5曲:ターボル
第6曲:ブラニーク

チケット取り扱い
熊本県立劇場 096-363-2233
熊日プレイガイド 096-327-2278
チケットドコサ?  
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:150-862)
ローソンチケット 0570-000-407(10:00~20:00)
0570-084-008(Lコード:82805)
その他
主催
(公財)熊本県立劇場
助成
文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
お問い合わせ

熊本県立劇場 096-363-2233

託児のご案内

生後6カ月から小学校低学年までのお子様をお預かりする託児サービスを実施します。
先着10名様/お子様おひとりにつき1,000円(税込)
【申し込み締め切り】10月25日(金)17:00まで

【お申し込み・お問い合わせ】
熊本県立劇場 096-363-2233

託児の詳細はこちら

付帯情報 託児サービスを行います 入場料が障がい者割引になります チケット、整理券を県立劇場でも取り扱ってます U25、公演日に満26歳に満たないお客様の入場料が割引になります
指揮:セミヨン・ビシュコフ

指揮:セミヨン・ビシュコフ ©Chris Christodoulou

管弦楽:チェコ・フィルハーモニー管弦楽団

管弦楽:チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 ©PetraHajska

チケットを購入する

プロフィール

セミヨン・ビシュコフ(音楽監督・首席指揮者)
Semyon Bychkov (Music Director/Chief Conductor)

セミヨン・ビシュコフ
© Marco Borggreve

1952年サンクトペテルブルク生まれ。イリヤ・ムーシンに師事。20歳でラフマニノフ指揮者コンクール優勝。1989年サンクトペテルブルク・フィルの首席客演指揮者、そしてパリ管弦楽団の音楽監督に、1997年には、ケルン放送交響楽団の首席指揮者に、1998年には、ドレスデン国立歌劇場の首席指揮者に就任。2018年10月、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者・音楽監督としての任期をスタートさせた。
これまでに、ミラノ・スカラ座、パリ国立オペラ、ドレスデン国立歌劇場、ウィーン国立歌劇場、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場他世界のあらゆる主要歌劇場に登場。2018年ウィーン国立歌劇場とバイロイト音楽祭でワーグナーの「パルジファル」を指揮。またウィーン・フィル、ベルリン・フィル、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、ロンドン響、ミュンヘン・フィル、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管、ニューヨーク・フィル、シカゴ響、フィラデルフィア管、クリーヴランド管などと共演を重ねている。
2016年以降、英デッカによるチェコ・フィルとの「チャイコフスキー・プロジェクト」が進行中。2015年、インターナショナル・オペラ・アワードの「年間最優秀指揮者」に選出。

 
 

チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 Czech Philharmonic Orchestra

チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
© Petr Kadlec

音楽大国チェコが世界に誇るオーケストラ。1896年創立。デビュー公演はドヴォルザークが指揮。1908年マーラーの交響曲第7番を、作曲者自身の指揮により初演。その後歴代のチェコ人名指揮者たち-ターリヒ(1929年ターリヒ指揮による初のレコーディング:スメタナ「わが祖国」を行う)、クーベリック、アンチェル、ノイマン等-の薫陶によってチェコ・フィルはチェコが世界に誇るオーケストラとしてその名を確たるものとした。
1990年、ビエロフラーヴェクが首席指揮者に就任。続いてそのポストはアルブレヒト、アシュケナージ、マーカル、インバルに引き継がれ、2013年にはビエロフラーヴェクが再び首席指揮者として迎え入れられ、その数々の名演は世界の注目を集め、チェコ・フィルをかつての黄金時代と同様の高い水準へと回復させた。
2018年10月より、セミヨン・ビシュコフが音楽監督・首席指揮者に就任。伝統と革新の融合したチェコ・フィルとの新たな黄金時代を歩んでいる。

 
 
チケットを購入する

付帯情報について

上記「付帯情報」にマークが入っている場合、お読み下さい

満車マーク
このマークがついている場合は、有料駐車場の満車が予想されますので、できるだけ公共交通機関でお越しください。
また、このマークがついている日以外でも、有料駐車場が満車となる場合がございます。これらの場合、劇場利用のお客様以外の駐車はお断りすることがございます。ご了承ください。
託児マーク
このマークがついている催事は、託児サービスを行います。
託児方法及び料金などについては、事前に主催者にお問い合わせください。
臨時バスマーク
このマークがついている日は、公演終了後に臨時バス(有料、夜間のみ運行)が出ます。

県立劇場→NTT病院→通町筋→交通センター→熊本駅 行き

さくらカードをご利用いただけます。
入場料 障がい者割引マーク
このマークがついている催事は、入場料が障がい者割引になります。
詳しくは、県立劇場にお問い合わせください。
チケット取り扱いマーク
このマークがついている催事は、チケット、整理券を県立劇場でも取り扱っております。
U25割引マーク
このマークがついている催事は、公演日に満26歳に満たないお客様の入場料が割引になります。
[最終更新日:2019年7月9日]