文化事業

このイベントは終了しました。

肥後アマビエ戀歌異聞(こいうたいぶん)

チケットは完売いたしました。
【開催にあたっての新型コロナウイルス感染症対策について】

・会場は通常の使用時よりも座席数を減らし、座席の間隔を確保します。
・会場の空調にて常時換気できるようにしております。
・出入口及び会場内には手指消毒液を設置します。
・スタッフはマスクを着用します。また必要に応じ、手袋を着用させていただきます。
・全出演者及びスタッフは検温を実施し健康状態を確認します。また、手洗いや手指消毒等の感染防止対策を徹底します。

開催日 2021年3月20日(土・祝)
開催時間 開場13 :30 開演14 :00
会場 熊本県立劇場大会議室 
入場料
(消費税込み)
チケットは完売いたしました。

【全席自由】
1,500円
※25歳以下の方、障がいのある方は1,000円
※未就学児入場可能。座席に座る場合は要チケット


U25割とは、公演日に満26歳に満たないお客様に入場料金の割引を行う制度です。
内容

令和2年5月、清和文楽館にて雪おんなの人形を熊本ゆかりの妖怪「アマビエ」へと変化させたことをきっかけに始まった、熊本県立劇場の清和文楽新作プロデュース事業。いよいよ初演を迎えます。
コロナ禍で文化芸術活動に様々な制限がかかる中、多くの方々の協力を得て誕生したアマビエの新しい物語です。

 

<あらすじ>
肥後の国の海底深くに棲む竜王の娘「あま姫」は、時化に巻き込まれた肥後藩士凪尾剛之進を助ける。一目で恋に落ちた二人だったが、長年あま姫に想いを寄せていた海の妖怪海法師が二人の仲を裂こうと画策。
「あま姫の本性を知ればお前は食われる」
海法師の言葉に惑わされる剛之進。
愛する人の全てを知りたいと願うのは、幸か不幸か?

 

[脚本]松本眞奈美
[作曲]鶴澤友勇 [浄瑠璃]竹本友庄
[人形振付]吉田史興 [指導・監修]淡路人形座
[作調(鳴り物)]中村花誠 [作調(笛)]藤舎仁鳳
[大道具]吉本美術 [衣装]熊本デザイン専門学校
[出演]清和文楽人形芝居保存会

チケット取り扱い
熊本県立劇場 096-363-2233
清和文楽館 0967-82-3001
熊日プレイガイド 096-327-2278
その他
主催
(公財)熊本県立劇場
共催
熊本日日新聞社
お問い合わせ

熊本県立劇場 096-363-2233

付帯情報 入場料が障がい者割引になります チケット、整理券を県立劇場でも取り扱ってます U25、公演日に満26歳に満たないお客様の入場料が割引になります

付帯情報について

上記「付帯情報」にマークが入っている場合、お読み下さい

満車マーク
このマークがついている場合は、有料駐車場の満車が予想されますので、できるだけ公共交通機関でお越しください。
また、このマークがついている日以外でも、有料駐車場が満車となる場合がございます。これらの場合、劇場利用のお客様以外の駐車はお断りすることがございます。ご了承ください。
託児マーク
このマークがついている催事は、託児サービスを行います。
託児方法及び料金などについては、事前に主催者にお問い合わせください。
臨時バスマーク
このマークがついている日は、公演終了後に臨時バス(有料、夜間のみ運行)が出ます。

県立劇場→九品寺交差点→通町筋→桜町バスターミナル→熊本駅 行き

さくらカードをご利用いただけます。
入場料 障がい者割引マーク
このマークがついている催事は、入場料が障がい者割引になります。
詳しくは、県立劇場にお問い合わせください。
チケット取り扱いマーク
このマークがついている催事は、チケット、整理券を県立劇場でも取り扱っております。
U25割引マーク
このマークがついている催事は、公演日に満26歳に満たないお客様の入場料が割引になります。
[最終更新日:2021年3月20日]