演奏家派遣アウトリーチ事業 について

演奏家派遣アウトリーチ事業とは、ホールでの演奏会や学校の体育館での音楽鑑賞会とは違い、音楽室やロビーなどで生の演奏を間近に聴いたり、音楽や楽器にまつわる話などを演奏家から直接聴く機会をつくることによって、音楽ファンを増やしていこうという事業です。

熊本県立劇場では、平成21年度からオーディションで選ばれた熊本県内在住や県出身の登録アーティストが、県内各地でアウトリーチ活動を展開してまいりました。平成29・30年度にアウトリーチに参加するアーティストを紹介します。
 

 

登録アーティスト

サクソフォン
村田貴洋(むらたたかひろ)

熊本県出身。文徳高校を卒業後、昭和音楽大学を経て、桐朋学園大学研究生修了。2013年渡米、研鑽を積む。サクソフォンを志垣美雪、武藤賢一郎、オーティス・マーフィーの各氏に、室内楽を新井靖志、福本信太郎の各氏に師事。第49回熊本県新人演奏会出演。
現在は全国各地においてソロ、室内楽の他、吹奏楽、オーケストラのエキストラなどの演奏活動を展開する他、指導者として、中学・高校での吹奏楽指導、個人レッスンにて後進の育成にも精力的に力を注いでいる。サクソフォン四重奏団オクサス テナーサクソフォン奏者。厚木楽器講師、玉名演奏者協会会員。
平成29・30年度 熊本県演奏家派遣アウトリーチ事業登録アーティスト。

 

サクソフォン
山﨑 明(やまさきめい)

平成音楽大学音楽学部音楽学科を首席で卒業また同大学音楽専攻科を学長賞を得て修了。 2009年熊本市制100周年記念人づくり基金の助成を受け渡仏。その後パリで5年間研鑽を積み帰国。第1回横浜国際音楽コンクール管楽器部門第1位。第53回西日本出身新人紹介演奏会に出演し、審査員満場一致でグランプリ、西日本音楽協会賞及び福岡県教育委員会賞受賞。第6回ナント国際サクソフォンコンクール第1位。第87回レオポルドベラン国際音楽コンクール室内楽部門第1位。第13回マルコフィオリンド国際音楽コンクール室内楽部門第2位。その他多くの演奏会等に出演し、また国内外のコンクールにおいても多数入賞。
また、ケルト音楽にも精通し、2015年3月22日に自身初のソロアルバム『Saxelt』をリリース。
現在平成音楽大学講師。

 

公演の様子

あさぎり町立上小学校
(5年生 42名)
あさぎり町立免田小学校
(5年2組 33名)
益城町立広安小学校
(4年2組 34名)
益城町立広安西小学校
(4年2組 31名)
御船町立御船小学校
(4年2組 27名)
御船町立七滝中央小学校
(5年生、6年生 26名)
 
※許可なく転載することを禁じます。

児童の皆さんや先生方から頂いた感想(抜粋)

村田さんアウトリーチ

児童
  • まだ耳に音が残っているし、凄くきれいな音だった。(御船町立木倉小学校(5年・6年))
  • 私は音楽が好きではなかったけど、少しだけ好きになりました。(あさぎり町立岡原小学校(5年・6年))
  • 木は全然ふるえない気がするんですが本当にふるえていたし、いろいろな吹き方があってすごかったです。しかも低い音も高い音も出ていてすごい楽器だと思いました。(益城町立津森小学校(4年))
教員
  • 私自身もサクソフォンを生で聴いたのは初めてだったので、音の響きに感動しました。(御船町立御船小学校)
  • 村田さんが演奏しながら入って来られたときの、子ども達の表情が、とても素敵で忘れられません。貴重な体験をさせていただき、本当にありがとうございました。(あさぎり町立免田小学校)
  • 目の前で、生の演奏を聴く機会は私たち職員にとってもありがたいことです。教科書やCD、DVDで目にしたり、耳にしたりするのと、実際に楽器を目の前にして音を聴くのとでは、子どもたちの食いつきも違うなと改めて感じました。(益城町立飯野小学校)
 

山﨑さんアウトリーチ

児童
  • 山﨑明さん達の音楽を聴いていると心が豊かになりました。(御船町立七滝中央小学校(5年・6年))
  • 私はサクソフォンの演奏のとき、ピアノが重なっていい音になっていたのでとてもすごいと思いました。初めて近くで演奏を聴いたのでウキウキが止まりませんでした。そしてとてもすごい音やきれいな音、たくさんの音を出していてとてもきれいでした。(あさぎり町立免田小学校(5年))
  • 音楽であんなにどきどきするんだと思いました。(益城町立益城中央小学校(4年))
教員
  • 「音楽は想像しながら(心で感じながら)聴いて欲しい」「サクソフォンから色んな音が出る事を知って欲しい」等、山﨑さんからのメッセージが子ども達にもよく伝わったと思います。また、クイズをしたり動物を表す曲を紹介したり等、小学生が楽しめる工夫もたくさんあり、子ども達はとても楽しんでいました。(御船町立小坂小学校)
  • とても喜んでいました。教室に帰ってからも感想を話していました。なかなか見る機会も聴く機会もない楽器なので、大興奮でした。ピアノも身近な楽器ではありますが、「すごい!」と言っていました。(あさぎり町立深田小学校)
  • 貴重な体験をさせていただき、本当にありがとうございました。音楽とは、楽しさにも悲しみにも寄り添えるものであると改めて感じました。日々を過ごす中で、子どもたちだけでなく大人も音楽を取り入れ、心を豊かにしたいと思いました。(益城町立広安西小学校)